フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 平成23年9月25日 農業日誌 | トップページ | 平成23年12月24日 農業日誌 »

平成23年11月3日 農業日誌

冬野菜のいろいろ

9月初めに種を蒔いた「モロッコ豆」が、暖かいお天気で収穫が出来ました。
Imgp1037

白菜は生育の強い野菜で、1日1枚の割合で葉数分化します。その為には、外
葉を大きく育てます。これがコツです。
Imgp1032

大根は肥料を好む野菜で、追肥を2回しその時土寄せをします。ポイトは大根
の下葉を掻いて日光が差し込むようにします。土の温度を保つ為にも日当たり
を良くします。
Imgp1043

種を蒔いたのが遅かったのですが、牛蒡が順調に育っています。
この牛蒡は「サラダごぼう」で細く切って軽く湯がき胡麻味のドレシングでサラダ
としていただきます。
Imgp1033

彼岸に種を蒔いた「たまねぎ」は、この夏を思わせるお天気で成長しすぎて困っ
ています。11月下旬定植の時、大き過ぎる苗は来年花が咲き玉ねぎがとれま
せん。
Imgp1034

« 平成23年9月25日 農業日誌 | トップページ | 平成23年12月24日 農業日誌 »

12 2011年農業日誌」カテゴリの記事

コメント

剪定は12月から2月がいいらしいですね。
まず最初は上に伸びた主幹を切ることですから、12月中頃で如何でしょう。
土日以外なら何時でも結構ですので、日を決めてください。

さとやまのすくねさん
了解しました。まかしておいて下さい。
柿は、新芽が出る前に剪定が必要です。新しい樹に花をたくさん付けさせるためです。また、花が咲いて実がピンポン球の大きになった時、摘果が必要です。これを欠かすと大きい柿が出来ません。同時に、この時期に消毒をすると良いようです。
西澤農園果樹園担当者を連れて参ります。

柿をもぎに来いとのお達しで、今日三俣へ行ってきました。
百個ほど貰って着ましたが、小さくて食べるのが面倒なぐらいです。
来年からは木の剪定とてつ果をして、もう少しよい柿を作ることにしようと思います。
ご指導のほどよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1275361/42821012

この記事へのトラックバック一覧です: 平成23年11月3日 農業日誌:

« 平成23年9月25日 農業日誌 | トップページ | 平成23年12月24日 農業日誌 »